私立小学校は私立大学よりも学費がかかる

私立小学校は私立大学よりも学費がかかる

教育

私立小学校は私立大学よりも学費がかかる

子供の大学進学に備えて利用できる貯蓄商品に学資保険があります。
利率は少しずつ悪くなっているものの、定期預金よりも利用しやすく生命保険のような役割もあります。
利用するメリットはそれなりにあるでしょう。
大学進学時には私立大の文系でも数百万円が必要になり、急に準備はできないでしょう。
子供の将来のことを考えた時、公立の小学校に行かせるのではなく私立小学校に行かせようと考えるかもしれません。
公立の小学校と異なる教育環境で勉強させられますし、エスカレーター式の学校なら将来の受験負担が減ります。
でも教育費用に関してはそれなりに考慮する必要が出てきます。
それぞれの私立小学校で入学金や授業料は異なりますが、1年につき大体50万円から100万円近く必要とされています。
私立大学は4年ですが、小学校は6年なので、毎年の授業料が6年分必要になります。
学資保険に加入する時点で相応のお金が用意されていなければならず、親の負担は大きくなると言えるでしょう。

お知らせ

一覧

同じ服、同じ靴、規律正しく前ならえは前時代的

通信教育の便利さを実感しています

目指すは医学部でもさまざまな教育を

私立小学校が近くにない時はどうするか

教育ローンに関して前向きに検討中なら